ボディはタオルでごしごし洗うよりも、ボディソープを泡立てて優しく

体は、気持ちがいいからと言ってごしごし洗うと肌に良くありません。体の汚れだけでなく、肌表面の脂分も一緒に落としてしまうからです。体は、毎日洗う必要はありません。湯船の中でお湯をかけて、毛で軽くこするだけでも十分です。そして、ボディソープを使って洗うときには、石鹸は無添加のものを選びます。肌に優しく、敏感肌やアトピーがある方、乾燥肌の方には刺激が少ないほうが、肌のいい状態を保つことができます。肌に赤みが出たり、湿疹が出やすい場合は、無添加のものに変えるだけで改善されることがあります。娘は、小さなころから肌が弱く特に首が弱かったのですが、この方法で見違えてきれいになりました。今では、全く薬の必要もありません。